「悲しみの波に溺れる。」


【歌詞】あの夏が飽和する。 (日+中)

あの夏が飽和する。 ()
(飽和了的那個夏天)


音樂:カンザキイオリ
歌:鏡音レン、鏡音リン


 
「昨日人を殺したんだ」 
「昨天殺了人」

君はそう言っていた。
你如此說道。
 
梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いていた。 
在梅雨季節裡淋濕的模樣、在房間的前面哭泣著。

夏が始まったばかりというのに、 
明明是夏天的剛開始而已。

君はひどく震えていた。
你不停地顫抖著。
 
そんな話で始まる。あの夏の日の記憶だ。
在那樣的話語下開始了。那天的夏日記憶。



「殺したのは隣の席の、いつも虐めてくるアイツ。 
「殺掉的是坐在我隔壁的、總是一直欺負著我的那傢伙。

もう嫌になって、肩を突き飛ばして、 
已經無法忍受了、用力地推了他的肩膀、

打ち所が悪かったんだ。 
撞擊的剛好是脆弱的地方。

もうここには居られないと思うし、
我想我已經沒辦法繼續待在這裡了、
 
どっか遠いとこで死んでくるよ」 
乾脆到某個遙遠的地方自殺吧」

そんな君に僕は言った。
你向我說了那些話。



「それじゃ僕も連れてって」
「那也帶我一起去吧」



財布を持って、ナイフを持って、 
拿著錢包、握著刀子、

携帯ゲームもカバンに詰めて、 
將手機和遊戲也一同放進了包裡、

いらないものは全部、壊していこう。 
將不需要的東西全部、都破壞掉吧。

あの写真も、あの日記も、 
那張相片也好、那本日記也是、

今となっちゃもういらないさ。
事到如今已經都是不需要的東西了呀。
 
人殺しと、ダメ人間の君と僕の旅だ。
兇手和、沒用的人的你和我的旅行。



そして僕らは逃げ出した。 
然後我們逃走了。

この狭い狭いこの世界から。
從這個好窄好窄的世界逃走了。
 
家族もクラスの奴らも何もかも全部捨てて君と二人で。
我和你兩個人、不管是家人還是同學們將這些全都丟棄了。
 
遠い遠い誰もいない場所で二人で死のうよ。 
兩個人一起在遙遠的遙遠的誰也不在的地方死去吧。

もうこの世界に価値などないよ、 
對這個世界已經沒有任何價值了呀、

人殺しなんてそこら中湧いてるじゃんか。 
殺了人什麼的不就會不停湧現這樣的想法嗎。

君は何も悪くないよ。君は何も悪くないよ。
你沒有做錯任何事唷。你沒有做錯任何事唷。



結局僕ら誰にも愛されたことなど無かったんだ。 
結果我們從來沒有被任何人愛過呀。

そんな嫌な共通点で僕らは簡単に信じあってきた。
在那樣討厭的共同點裡我們簡單地相信著對方走過來了呀。
 
君の手を握った時微かな震えも既に無くなっていて、 
握著你的手的時候你變得不再微微顫抖了、

誰にも縛られないで二人、線路の上を歩いた。
不被誰所束縛的兩個人、在這線路上走著。



金を盗んで、二人で逃げて、 
偷了錢之後、兩個人一起逃走、

どこにも行ける気がしたんだ。
總覺得兩個人的話哪裡都可以到達的。
 
今更怖いものは、僕らには無かったんだ。 
現在對我們來說、已經沒有任何覺得害怕的事了。

額の汗も、落ちたメガネも 
額頭上的汗也好、弄掉的眼鏡也好

「今となっちゃどうでもいいさ。
「事已至此不管怎麼樣都無所謂了呀。
 
 あぶれ者の、小さな逃避行の旅だ」
無賴之人的、小小的逃避之旅啊」



いつか夢見た優しくて、誰にも好かれる主人公なら、 
如果是曾在夢裡見過一直很溫柔、被所有人喜愛的主角的話、

汚くなった僕たちも見捨てずにちゃんと救ってくれるのかな? 
是不是不會丟下我們而是會拯救已經變得骯髒的我們呢?

「そんな夢なら捨てたよ、だって現実を見ろよ? 
「如果是那樣的夢的話我早已將它捨棄了、因為要看著現實呀?

シアワセの四文字なんてなかった 
寫成幸福的文字是不存在的

今までの人生で思い知ったじゃないか。 
在至今為止的人生裡已經清楚明白了不是嗎。

自分は何も悪くねえと、誰もがきっと思ってる」
我才沒有做錯任何事、還有一定會有哪個誰會這麼想著的」



宛ても無く彷徨う蝉の群れに、 
在沒有目的地徬徨的蟬群裡、

水も無くなり揺れ出す視界に、
在水被搖晃灑光的視線裡、
 
迫り狂う鬼たちの怒号に、 
在迫近瘋狂的鬼們的怒吼中、

バカみたいにはしゃぎあい 
像個笨蛋般的盡情吵鬧嬉戲吧

ふと君はナイフをとった。 
你突然拿起了刀子。

「君が今までそばにいたからここまでこれたんだ。 
「因為至今為止你都一直陪在我身邊、我才能走到這裡啊。

だからもういいよ。もういいよ。
所以已經夠了呀。已經夠了呀。

 死ぬのは私一人でいいよ。」
死去的只要有我一個就好了呀。」



そして君は首を切った。 
然後你拿著刀子刺向自己的脖子。

まるで何かの映画のワンシーンだ。 
就像是某部電影裡的情景般。

白昼夢を見ている気がした。
總覺得自己是做了場白日夢呢。
 
気づけば僕は捕まって。 
等我回過神時我已經被抓住了。

君がどこにも見つからなくって。
無論在哪裡都找不到你了。
 
君だけがどこにもいなくって。
只有你從這裡消失了。



そして時は過ぎて言った。
然後說著時間流逝了。
 
ただ暑い暑い日が過ぎてった。
只是過著炎熱的炎熱的日子。
 
家族もクラスの奴らもいるのに 
明明家人和同學們都在

なぜか君だけはどこにもいない。
可是為什麼唯獨你不在呢。
 
あの夏の日を思い出す。 
我想起了炎熱夏日的回憶。

僕は今も今でも歌ってる。
我現在也、就算是現在也在歌唱著。
 
君をずっと探しているんだ。 
一直一直在尋找你的蹤影呀。

君に言いたいことがあるんだ。
我有好想對你說的話呀。



9月の終わりにくしゃみして
在9月結束之時打了個噴嚏
 
6月の匂いを繰り返す。 
彷彿不停重複著6月的味道。

君の笑顔は、君の無邪気さは、頭の中を飽和している。
你的笑臉、你的天真、在腦袋裡已經到了極限了呀。
 
誰も何も悪くないよ。 
誰都沒有錯唷。

君は何も悪くはないから、もういいよ、投げ出してしまおう。 
你什麼也沒有做錯、已經夠了唷、將這些都扔掉吧。

そう言って欲しかったのだろう?なあ?
曾是希望我說出這些話語的對吧?吶?

- - -

請不要任意複製帶走歌詞。
如有需要請附上來源網址&翻譯者的名字。

如果有錯請指正,謝謝。
請不要在未通知的情況下,隨意更動、拿掉名字。

そらね。
題目 : 不負責任自翻    部落格分类 : 音樂天地
  1. [ edit ]
  2. ▶歌詞
  3. / comment:0


 只對管理員顯示
 

自我介紹

そらね

Author:そらね
そらね(空音)です。
NicoNico依存症。

文章中歌名旁邊的 (♫)
是通往歌曲本家的傳送門。

目前作為歌詞放置場。
歌詞是自己的渣日文+字典翻出來的
如果有錯請指正m(_ _)m
請不要在未通知的情況下,
隨意更動、拿掉名字。
也請不要任意複製帶走歌詞。
如有需要請附上我的名字&來源網址.

聯絡方式:留言、Plurk or Mail給我
Mail:sorarune@gmail.com

こんにちは٩(ˊᗜˋ*)و


加為部落格好友

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -