「悲しみの波に溺れる。」


【歌詞】清竜人 / 雨。(日+中)

-清竜人

作詞/作曲:清竜人

原唱:清竜人


 
が降ってきた


まるで ぼくが流す 汚れた 涙を
宛如 我流下的 骯髒的淚水

この世界から もみ消すかのように
像想從這個世界 搓滅一樣

が降った


ぼくは 自分が 泣いているのかどうかすらわからなくなった
我 自己 即使是不是哭著 也不知道了

どうでもよくなった
無論如何都已經變好了

これも 神の仕業なのだろうか?
這個也是 神的工作吧?

ならば もう
如果... 已經

悲しみを 抱く 権利すら 失ったらしい
連抱著悲傷的權利 也失去了嗎?

ねぇ 泣いてるの?
吶 在哭嗎?

わたしは 泣いてるよ
我也在哭哦

多分 一绪だね
大概 是一樣的呢

木を隠すなら 森ってことかな
將樹隱藏起來的話 是森林的事嗎?

誰も わたしたちの涙に 気付かない
誰也沒有發現 我們的眼淚

いや わたしたちに 気付かない
不、是沒有發現到我們

もしかしたら 世界が こんな 意味のない 出逢いを蔵匿してくれてるのかな
如果、如果世界是這樣的沒有意義 那會將遇見藏匿起來嗎?

神様って 結構 やさしいのかもね
神 也算是溫柔的吧

お互いのことなんて なにも知らないけど
不過、關於彼此的事情 什麼也不知道

今は ただ 誰か そばにいてほしかったんだ
現在只是 想待在哪個誰的旁邊而已

今は ただ
現在只是

たとえば ぼくの 命のに 芽生えた この 希望が
例如 在我的生命 萌芽的 這個希望

世界のありとあらゆる場所で 有害とされたなら
在世界的螞蟻和各式各樣的場所 如果被認為是有害的話

なぜ ぼくは 生まれたんだろう
為什麼 我會誕生呢?

たとえば わたしの 血液を 流れゆく この 愛が
例如 在我的血液緩慢流動的 這份愛

他の 誰かの 命のに 悲しみを 生むのなら
其他的 在哪個誰的生命 產生了悲傷

いっそ もう 絶やすべきなの
不如乾脆 消滅他吧 

ねぇ どこで 間違えたのだろう
吶 在哪裡 出了錯了呢?

あぁ はじめから 决まっていたの
啊 從一開始 就決定等待了嗎?

ねぇ 息をするよ 聴こえるよ
吶 呼吸著喔 聽得到喔

見つめてるよ 触れているよ
凝視著喔 觸碰著喔

この 世界に 生まれたこと 間違いでも
甚至是誕生在這個世界上是錯的事也

生きているよ 感じるよ
活著喔 感受著喔

まだ ぼくらは 温かいよ
我們依然 還是溫暖的喔

せめて が 止むまでは
至少 到停之前

ねぇ 神様 許してよ
吶 神會寬恕的吧

いつしか 善と悪 光と影 愛と憎しみ さえも
不知不覺 連善和惡 光和影 愛和憎

全て ボーダーレスに 変わり果てて 心を失くしていた
全部都在無國界下 已經撤底改變 丟失了心

もう 戻れない場所まで たどり着いてしまったんだ
已經 到了無法再次回去的地方

ねぇ 命は ほら 動いてるよ
吶 生命啊 看 是動態的喔

いま 確かに 動いてるよ
現在 確實是動態的喔

この 世界で 生きてること 間違いでも
甚至是誕生在這個世界上是錯的事也

求め合うよ 惹かれるよ
互相尋求 被吸引

まだ ぼくらは 温かいよ
我們依然 還是溫暖的喔

せめて 雨が 止むまでは
至少 到雨停之前

ねぇ 神様 許してよ
吶 神會寬恕的吧

どうして 悲しみ は 悲しみと 引かれ合うのだろうか
為什麼 悲傷和悲傷 會互相被吸引著呢

なぜ 悪 は 悪 を 引き寄せるのだろうか
為什麼 惡和惡 會互相靠近呢

毒で毒を制したって 血で血を洗ったって
以毒制毒 血債血還

暗澹とした 青写真しか 描けない
昏暗的 除了藍圖以外 無法描繪

惨憺とした 明しか 臨めないよ
悽慘的 除了明天以外 無法面對

電力さえ 磁力さえ 同属を嫌悪するというのに
連電力 連磁力 都是同等的討厭著

なぜ 人は 同じように創造されなかったの
為什麼 人不是以相同的方式被創造的呢

砂時計型をした幸福ピラミッドは 時を刻み
做沙漏型的幸福金字塔 刻畫著時間的流動

やがて 全ての粒砂が 流れ落ちてしまうのかな あ〜あ
不久 全部的沙啊 都會流下來的吧 

切断したはずの両足が痛むのではなく
應該被切斷的雙腿感覺到的不是疼痛

ここに存在するはずの臓器が機能していないような感覚
而是在這裡所存在的內臟器官像失去作用一樣的感覺

五体満足であるはずなのに いつもどこかが満たされていない矛盾
應該被滿足的身體     卻一直總是有哪裡沒被滿足的矛盾

所詮 衰弱し切った神経を鋭敏に研ぎ澄ましたところで
反正 即使澄清將神經衰落的地方銳化敏銳了

不可逆成長をした自分を
不可逆成長的自己

取り戻すことなんて もう出来ないことは わかっているんだ
再一次拿回來之類的 已經是不可能的事了 我知道的啊

あぁ こんなにも こんなにも 愛しているよ
啊 即使是這樣也 即使是這樣也 愛著你喔

探しても 探しても 理由なんてさ わかんないけど
不過就算尋找著也 就算尋找著也 理由什麼的 我也不知道啊 

聞こえてる
聽得到

聞こえてるよ
聽得到喔

溶暗していく 数ある命に
向淡出的 無數的生命

キャンドルサービスなど 誰もしてくれない
獻上蠟燭的事情之類的  誰也沒有做

健気なマッチ売りの少女なんて もうどこにも見当たらない
堅強的賣火柴的少女之類的 已經不管在哪裡也找不到

今にも この雨に 鎮火されてしまいそうな この炎を
不久 將會被這場雨 所撲滅的這個火焰
 
それでも まだ 微かに 灯る この心の灯火を
儘管如此 還是 微弱的點上了 這個心的燈火

ぼくらは どうやって 燃やし続ければいいのだろうか
我們 該如何 持續燃燒才好呢

生きているよ 生きているよ
活著喔 活著喔

生きているよ 生きているよ
活著喔 活著喔

聞こえているか 届いているか
聽得到嗎?  傳達到了嗎?

恵まれた家庭でぬくぬく育ったパシフィストたち
在受惠的家庭裡暖烘烘地成長的平和主義者們!

教科書でしか社会を学ばなかったポリティシャン
在教科書以外沒有學習社會的政治家!

人とさえ関わらず頭ん中で勝手に地球回してるフィロソファーども
和不與人交往的 自以為是隨意的旋轉著地球的哲學家也是!

ふざけんじゃねえよ
別開玩笑了!!!!

誰が わたしを 幸せにしてくれるの
誰能夠使我幸福呢?

なにが わたしを 満たしてくれるっていうの
什麼 能夠讓我說出滿足呢?

感情なんて全て一過性のものでしょ
感情什麼的全部都只是一時性的東西對吧?

わかんないよ ねぇ もう わかんないよ わかってたまるかよ
我不知道啊! 吶 我已經 不知道了啊! 明白忍耐嗎?

理由などないさ
理由什麼的沒有啊!

ねぇ そばにいてよ 見つめてよ
吶 在身旁喔 凝視著喔

今だけでも 抱きしめてよ
即使只有現在 擁抱著喔

愛してるも 大好きよ も 言えないけど
連我愛你也 最喜歡也 說不出來、不過

キスをしよう 手を握って
接吻吧 握著手

今だけはさ キスをしよう
只有現在 接吻吧

やがて 雨が 止んだなら
如果不久後 雨停了的話

ねぇ 神様 ぼくらの 出逢いを 裁いてよ
吶 神啊 將我們的相遇 裁決吧

さよなら
再見。

---

如果有錯誤請留言協助我更正,謝謝!

請不要在未通知的情況下,隨意更動、拿掉名字。

そらね。
題目 : 不負責任自翻    部落格分类 : 音樂天地
  1. [ edit ]
  2. ▶歌詞
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 只對管理員顯示
 


自我介紹

そらね

Author:そらね
そらね(空音)です。
NicoNico依存症。

文章中歌名旁邊的 (♫)
是通往歌曲本家的傳送門。

目前作為歌詞放置場。
歌詞是自己的渣日文+字典翻出來的
如果有錯請指正m(_ _)m
請不要在未通知的情況下,
隨意更動、拿掉名字。
也請不要任意複製帶走歌詞。
如有需要請附上我的名字&來源網址.

聯絡方式:留言、Plurk or Mail給我
Mail:sorarune@gmail.com

こんにちは٩(ˊᗜˋ*)و


加為部落格好友

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -